プロフィール

  • nozomu
  • いつのまにやら会社員。
    ジコマンの名に恥じぬ適当な日記を書いてやろうと思います。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ozawa-ken S+++++
ジコマン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食に関する一考察
今日は友人の引越しを手伝ってみました。
意外にも自分がボランティア精神を持っていることを発見^^;
情けは人のためならず、ですな。


…とか言いつつも昼メシの焼肉を全オゴリさせましたけどね☆
偽りのボランティア精神。



話は変わりますが、
うまいものを食うことに対する情熱って、人によってすごく個人差がありますよね。
旅行先とかでうまいものをひたすら探す人がいれば、別に食べられればなんでもいいやって人もいる。

自分は前者なので、毎日うまいものを食べることばっかり考えてます。
だから、食べられればなんでもいいやとか言ってるのを聞くと、
「そんなもったいない!!人生半分損してるよ!」とか思っちゃうんですよね(余計なお世話)。


で、考えてみました。
なんでうまいものに対する情熱がこうも違うのかと。


一つの仮説なんですが、
ある一つの食べ物を「食べ比べ」したことがあるかどうか、っていうのが
実は大きな分かれ目なんじゃないかと思います。

自分に当てはめて考えた場合。
うちはあまり食生活レベルは高くなく、
ぶっちゃけレトルト食品とかかなり頻繁に食べる家だったわけです。
つまり、家では味の良し悪しを追求する文化がなかった。
実際、母親は先ほどの「食べられれば何でも…」って部類に入る人です。

ではなぜ自分が食にこだわるようになったか?
この原因が、大学1年の時に始めた「ラーメン食べ歩き」だと思うんです。
同じラーメンという食べ物をいろんな店で食べるうちに
このラーメンは何をベースにしたラーメンか、とか
麺はどんな歯ざわりだ、とか
チャーシューはどんな味付けだ、とか
だんだんとラーメンの味を分析するようになってくるんですよ。
だって分析しないと違いがわからないですからね。

そうすると、次第にラーメンの味の違いがわかるようになる。
そして自分の舌にあったラーメンが食べたくなってくる。
つまり、同じ食べ物を食べ比べることで違いがわかるようになり、
そこからうまいもの(自分の好みの味)を追求するようになるというわけです。


えー…。
もちろんただの仮説です。
でも当てはまる人もけっこういるんじゃないかと。
自分は当てはまってますし。


ちなみに最も多いと考えられるのは、
家族が味にこだわるので自分もこだわるようになった、というケースだと思われます。


-----------------

食への情熱の違いを生み出すモノ、について考察してみました。
だから何なの?って言われても、何でもないですとしか答えられませんが。
でもたまにはこんな記事もありかなと。
無駄なことに頭を使うのって結構キモチイイ☆

あ。
お前の仮説には賛同できん!!とかあればぜひコメント下さいなー。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

仮説お疲れ!!笑

俺は、日ごろ食べ物にはうるさいけど、旅行先とかでは食欲より疲れが優先されて、どーでもよくなってしまうタイプですたい。。。。
【2006/03/22 11:13】 URL | gucchinko #- [ 編集]


>ぐっさん(だよね?)
うん、地味に頭使って疲れたw

どーでもよくなっちゃうのか、そりゃもったいないね(><)
旅行こそうまいメシ食べるチャンスだよ!
というか、むしろうまいメシ食うために旅行行ってるかもw
【2006/03/22 23:29】 URL | zom #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zomzom.blog5.fc2.com/tb.php/157-eb4b4b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。